Blog&column
ブログ・コラム

窓ガラスフィルムの透過率について

query_builder 2022/06/15
コラム
37
窓ガラスフィルムにはさまざまな種類があり、目的によって選び方が変わります。
窓ガラスフィルムで目隠しをしたい場合は、透過率に注目しましょう。
今回は、窓ガラスフィルムの透過率について解説していきます。

▼透過率とは?
透過率とは、光がどれだけ透過するかを示した数値です。
透過性が低いほど光を遮断し、透過性が高いほど光を透過します。

目隠しに適した透過率
透過性が低いほど光を遮断してくれるので、目隠し目的で窓ガラスフィルムを貼る際は透過性が低いものを選びましょう。
透過性が低い窓ガラスフィルムはミラー感が強く、透明度が低いので目隠し効果を発揮してくれます。
透過率の基準としては、50%以上だと透明度強く目隠し効果はほぼありません。
透過率40%以下の窓ガラスフィルムであれば、目隠し効果を実感できるでしょう。

■注意点
窓ガラスフィルムを透過率で選ぶ場合、室内の明るさも考慮しなければなりません。
透過率が低い窓ガラスフィルムは、目隠し効果は抜群ですがその分部屋に光が入ってこないので室内が暗くなります。
室内の明るさも欲しい場合は、バランスを考えて透過率を選びましょう。

▼まとめ
窓ガラスフィルムは、透過率が低いほど目隠し効果が高くなります。
そのため、窓ガラスフィルムで目隠しをしたい場合は透過率が低いものを選びましょう。
ただし、透過率が低いと室内に光が入ってこないので、バランスを考えることが大切です。
弊社はうるま市を中心に窓ガラスフィルムの施工を行っているので、窓ガラスフィルムに関することは何でもご相談ください。

NEW

  • 宜野湾市建築会社ギャラリー コボテクトフィルム👷

    query_builder 2023/12/06
  • 沖縄市グループホーム 目隠しフィルム👷

    query_builder 2023/12/06
  • 沖縄市グループホーム 内装リフォーム👷

    query_builder 2023/12/06
  • 読谷村社宅🏠 ブレックスコート👷

    query_builder 2023/07/17
  • 東村公民館、避難所 透明遮熱フィルム NANO80S👷

    query_builder 2023/07/12

CATEGORY

ARCHIVE